超簡単レシピ!
目からウロコのお料理レシピ!

ホームへ
麺のレシピ
ご飯のレシピ
牛のレシピ
鶏のレシピ
豚のレシピ
魚のレシピ
野菜のレシピ
その他のレシピ
ヒント
メールで紹介する

目安分量

おたま

70cc

計量スプーン

大さじ 15cc
小さじ 5cc
カップ 200cc

 

豚肉をやわらかく煮るには?


「豚の角煮を作ろうと思い、豚バラ肉を煮たのですがなかなか柔らかくなりません。」
レシピに〔豚肉を1時間煮る。柔らかくなったら.......〕と書いてありその通りやっても肉は硬いまま
そんな経験をされた方も多いと思います。
ではどうやったら、肉が柔らかくなるのでしょうか。

それはいつも使っている物を鍋に入れるだけなのです。
それはキッチンペーパーです。
ガス代も節約でき、お料理も美味しく出来ます。
又は、白菜やキャベツをキッチンペーパーの代わりとしても使えます。
もう1つ大事なのは、豚肉はゆっくりと加熱してやるということです。
肉が生の状態から肉に火が通るまでゆっくりと加熱することがコツです。
豚肉をやわらかく煮るポイントは、豚肉を水からゆっくりと加熱してから、熱を逃がさず肉全体に熱が回るように煮ることなのです。

そうなんです。たったこれだけで、豚肉を柔らかく煮ることが出来ます。
豚肉の厚さはできれば薄くなく、3cmから4cmくらいの厚さがあればベストです。
肉は水から中火より少し弱めの火加減でゆっくりと加熱します。
煮立ったら、キッチンペーパーがポコポコと浮き上がるくらいの火加減で煮てください。
キッチンペーパーは鍋の表面全体を覆うようにかぶせます。
煮立ってからの加熱時間は、約90分から120分を目安にして下さい。
肉に竹串を刺してみてスーッと通ったらOKです。

鍋にショウガ、ネギを入れた水を用意しておきます。(加熱はしません)
フライパンを熱し、油はひかないで豚バラ肉の脂部分を下にして中火で
表面がこんがりキツネ色になるまで焼き目をつけます。
(もし、肉の厚さが薄い場合は中まで火が通らないようにサッと炒めてください)
サイド、裏も同様に肉全体にこんがりと焼き目をつけます。
(肉の表面にだけ焼き目をつけます。肉は内部は生の状態です)
表面に焼き目をつけた肉を、ステップの鍋に直接入れ ます。
肉が完全に浸るまで水を加え中火より少し弱めの火加減でゆっくりと煮ます
煮立ったらアクをすくい取り、キッチンペーパーを鍋全体を覆うようにかぶせます。
キッチンペーパーの中で湯がポコポコと気泡が立っている状態の火加減で約90分を目安に煮ます。
途中、湯が減ってきたら水を足します。
竹串を刺してみて竹串がスーッと通ったら出来上がりです。
(豚肉の種類によっては2時間以上煮なければ柔らかくならない豚肉もあります。)
 
キッチンペーパーの代わりにアルミフォイルを使うときは中央部分に小さい穴を開けて少し蒸気を逃がします。
ネギ、ショウガを入れることで豚肉の臭みをとりまた旨みをつけます。
豚のとろとろ角煮の作り方レシピ
東坡肉(トンポーロー)のレシピ
煮物の作り方、味付け方、コツは?
あわびを柔らかく煮る方法は?
   
 

素材を探求

 

 


 

名産品の一覧表へ

 

 

 

 

前に戻る  
         

ホーム リンク レシピ投稿 お問い合わせ/ご感想 広告掲載
       

Copyright© OtamaDeCooking.com. All Rights Reserved